アメックスを持つ意味!モテタイ男は黙ってアメリカン・エキスプレス

アメリカンエキスプレスカードの存在感

アメリカンエキスプレス、通称アメックスは、クレジットカードの中の最高峰!

持っているだけでステイタスを感じるスペシャルなカードです。

アメックス もてる

クレジットカードなら何でもいい!という人もいますが、あえて筆者はアメックスをお勧めします。

一昔前、大学生のステイタスは、車でした。

多額のローンを背負い車を買い、駐車場代金を払い、男を演じた物です。

社会人は、車はもちろん、次に時計にこだわりました。

ロレックス、オメガ、フランクミューラー・・・・。
(フランク三浦じゃないよ!)

今考えてみても、かなりの背伸びした生活であったことは間違いありません。

そして今の現状、
全ての人がお金に余裕があり、生活環境に満足しているわけではありません。

しかし、やっぱり男として、どこかにステイタス感じたいものです。

それが、アメリカン・エキスプレスカードなのです。

アメックスを持つか?ほかのゴールドカードを持つか?両方持ちするか?

当サイトでは、アメックスの魅力、男を磨くための秘密を紹介します。

アメリカンエキスプレスカードの種類

アメックスはまず発行会社の違いにより大きく2つの種類に分けられます。

アメリカンエキスプレス

プロパーなアメックスと提携カードです。

プロパーなカードとは国際ブランドが自社で発行しているカードです。
すなわちアメリカン・エキスプレス社が発行しているカードです。

アメリカン・エキスプレス グリーンカードの申し込みは?
アメリカン・エキスプレス グリーンカード
1枚は持っておきたい!
アメリカン・エキスプレス グリーンカード
初年度年会費無料
▼アメリカン・エキスプレス グリーンカード 詳細はこちら
アメリカン・エキスプレス ゴールドカードの申し込みは?
アメリカン・エキスプレス ゴールドカード
ワンランク上のサービスを
アメリカン・エキスプレス ゴールドカード
初年度年会費無料▼アメリカン・エキスプレス ゴールドカード 詳細はこちら

それ以外はアメックスと提携して他社がカードを発行している提携カードとなります。

プロパーなカードととしては、一般向け、個人事業者向け、法人事業者向けの3種類があり、それぞれ普通カードとゴールドカードがあります。
更にゴールドの上位カードとして、アメリカン・エキスプレスからのインビテーションにより持つことが出来るプラチナカードがあります。

それ以外にアメックスプロパーの提携カードとして下記のカードがあります。

  • ANAとの提携カード
  • デルタ航空との提携カード
  • スターウッドグループとの提携カード
  • 阪急・阪神グループとの提携カード
  • ザ・ペニンシュラ東京との提携カード

次にアメリカン・エキスプレスとの提携カードとしては、下記のカードがあります。

  • 三菱UFJニコスとの提携によるMUFGカード
  • MUFGアメックスとして、通常のカードの他に、JAL,大韓航空、ルフトハンザ航空と提携したMUFGアメリカン・エ キスプレスカードがあります。

  • 出光との提携による出光カードまいどプラス
  • 三越伊勢丹ホールディングスとの提携によるMIカード
  • セゾンとの提携によるセゾン・アメリカン・エキスプレスカード

セゾンアメックスとしては、通常のカードの他に、ANAとヤマダ電機両方との提携によるヤマダLABI ANAマイレー ジカードやパルコと提携したパルコカードがあります。

アメリカン・エキスプレスの年会費

アメリカン・エキスプレスは、所得水準が高い人が所有する高級なクレジットカードというイメージ、それが、ステイタスの所以です。

かつてはカードにもステイタスを求める風潮が大きかったため、レストランやショッピングなどで決済の際にアメックスを使えるようになりたいと憧れる人も少なくありませんでした。

しかし、近年では年会費無料のカードが溢れており、発行元はポイント増加やカードのデザインなど個性を出してユーザーの獲得する会社は多く出てきたため、

高い年会費を払うことに否定的な人が増えて、またカードにステイタスを求める考え方も減少してきました。

だからこそ、アメックスに求められるステイタス性が今、非常に上がっています!

アメリカン・エキスプレスの年会費

アメリカン・エキスプレスの年会費はグリーンカードで税抜き12000円、ゴールドカードでは26000円と決して安くは無い価格を保っています。

またゴールドの上のプラチナカードでは13万円、さらに上のブラック・カードともなるとその年会費は30万円を超えると言われており、プラチナ以上のカードはまさに選ばれた一部の人しか所有できません。

こういった高額の年会費はカードのブランドイメージやステイタスを維持するためにも必要なことで、逆に年会費を下げてしまうと個性が失われカードの魅力も下がってしまいます。

この変わらぬ高級感がアメリカン・エキスプレスの魅力だと考える人が、一目置かれるモテル男となるのです。

一方でアメリカン・エキスプレスは本家発行のカード以外にも航空会社などと提携したカードがあり、この提携カードの中には年会費が無料もしくは低額のカードも存在していますので、選び方次第で、年間費無料でアメックスを保有することも可能です。

アメリカン・エキスプレスの審査

アメリカン・エキスプレスのカードというとステイタスが高く、高所得の人しか持てないというイメージがありますが、実際の審査基準はどのようになっているのでしょうか。

アメリカン・エキスプレスのグリーンカード及びゴールドカードの審査には年収や職業、年齢などが大きく関わってきます。

しかし意外にも高所得が求められるというわけではなく、きちんとした定職に就いていて一定水準の収入がある人なら審査をクリアできます。

アメックスの審査に通らない人の例は、学生や社会人になりたての若い年代、主婦やアルバイト、クレジットヒストリーに傷がある人などです。

アメリカン・エキスプレスの審査

審査に通るには年収が300万円程度あれば良いとされ、派遣や契約社員でも審査に通ることがあるので、一般にイメージされているほどアメックスの敷居は高くありません。

かつてアメックスのゴールドカードが人々の間で憧れの対象だった時代よりも、カードを手にするハードルはいくらか下がりました。

その代わりゴールドの上位にプラチナカード、さらに上にブラックカードが存在しており、これらの審査は非常に厳しいものとなっています。

プラチナ以上のカードは希望者が申し込むのではなく、アメリカン・エキスプレス側からの「招待」でしか、入手する方法がありません。

プラチナの招待を受けるにはグリーンかゴールドのカードを所持し、一定の期間継続して利用していることが前提条件ですが、具体的にどのような基準でプラチナに招待されるのかは非公開です。

アメリカン・エキスプレスのゴールドとは

アメリカン・エキスプレスの公式クレジットカードを少し学んだところで、もてる男の必須カード、一般カードとなるグリーンのランクより上にゴールドを紹介します。

世界的にも有名なアメックスのクレジットカードはステイタス性が高く、グリーンでも評価されるのですが、その上のゴールドは狭き門となっていて保有するのを夢見る人も少なくありません。

さらに上のランクもあるのですが、そちらは招待制のため、普通に申し込んで入手できるランクとしてはゴールドが最高ということになります。

アメリカン・エキスプレス ゴールド

申し込み条件は20歳以上の定職に就いている人で、年会費は29,000円となっていて、かなりの出費となりますがグリーンよりも様々な特典が受けられるようになります。

1度交換したらポイントは無期限となり、マイルも無期限で溜めることが可能です。

同伴者1名までなら空港ラウンジは無料、プライオリティ・パスのラウンジも年2回までは無料で使用できます。

ホテルやチケットのキャンセル、商品購入で返品したが受け取ってもらえなかった、空港で荷物が戻ってこなかったという問題でも補償があるので安心できます。

利用限度額は明記されませんがかなりの金額まで使用することが可能なようで、契約者の収入に合わせて計算されているようです。

家族カードも対応していて、1人までは年会費を無料にすることができるので、夫が入手したら妻の分を契約するといった使い方ができます。

年間費が高額というデメリットがありますが、それを補って余りあるメリットが多いのがアメリカン・エキスプレスのゴールドです。

アメリカンエキスプレス マイルとポイント

アメリカンエキスプレス マイルとポイントやANAも利用すればするほど貯まるポイントでありアメックスなども有効なポイントを利用して商品に交換したりする事も出来ます。

アメリカン・エキスプレスは利用する金額に応じて還元出来るポイントも増えていく事や、それこそANAで利用して航空チケットを支払う再にマイルが沢山貯まると言った仕組みにもつながります。

まずは沢山のポイントを効率良く貯める為の秘訣としては、色々と会社などで利用するなどプライベート以外で貯める事が出来る環境であれば、更に有利な状況として考えて行く事が出来ます。

アメリカンエキスプレス マイル

まずはANAの利用で貯まるマイルのポイントの条件などを考えて、アメックスを提出すると、色々と有効な特典がもらえる事となります。

旅行などをタダで行ったりする為には、こうしたマイルをアメリカン・エキスプレスなどで貯めてそれぞれ有効な形で還元してもらう事も考えられます。より良い条件としてアメックスを利用しながらANAなどマイルの貯まりやすい形でアメリカン・エキスプレスを利用すると更にプラスで有効なポイントとなっていきます。

クレジットカードなどで、利用する金額が特に多い人は毎月の引き落としを考えて上手にマイルを貯めていくなど、アメックスを使ったりしてANAなどを利用してみると良いでしょう。

アメリカン・エキスプレスを一つ持っていれば、有利な形でマイルのポイントを受ける事として、有効利用が出来ます。

アメリカンエキスプレスで使える空港ラウンジ

アメリカン・エキスプレスをお持ちにっていることで、ステータスが上がり、通常ラウンジよりも素敵なラウンジをりようすることが可能になります。

アメックスのゴールドカードになれば、成田空港なら、シャンパンや美味しいおつまみや軽食が用意されている桜ラウンジを利用することが出来るようになり、快適な旅のお供に打ってつけです。

搭乗までの時間、案外時間が掛かります。

アメリカンエキスプレス 空港ラウンジ

主要都市に存在する空港内であれば、通常よりもワンランク上のサービスを受けるラウンジが用意されていて、トランジェントなどの待ち時間も、快適に、優雅にお待ち頂けます。

お酒やおつまみ、お食事はもちろんですが、お忙しい方には仮眠施設やシャワールームなども用意されています。

周りの方を気にせずに過ごせるように空間は広々と作られており、窓からは、これから飛び出す飛行機たちの滑走をお楽しみ頂けます。

サービスお充実しているので、困ったことがあれば近くのいるスタッフにお声掛け頂ければ、快適に過ごせるサービスをご提供されるでしょう。

アメリカン・エキスプレスというカードで言えば信頼と価値ある実績がありますので、お持ちになっているだけでも様々なサービスが受けられます。

それは、日本国内の空港ラウンジだけでなく、海外の主要都市でも実感して頂けるでしょう。

より快適で、素敵な旅になるように、アメックスカードステータスをお持ちになってください。

きっと、今までとは違った感動を味わうことが出来ます。

アメリカン・エキスプレスのゴールドは学生でも大丈夫?

アメリカン・エキスプレスは国際ブランドのひとつとして、ステイタス性の高いクレジットカードですので、学生(大学生)でアメックスを持ちたい!という人は多いと思います。

アメックスの公式サイトでもこの辺の質問があるようで、パートやアルバイトの人、そして、学生は申込ができません。

定職についている人が前提なので、クレジットカードの敷居が低くなってきたとはいえ、やはり簡単に契約できるものではないようです。

shutterアメリカン・エキスプレス 学生

学生が唯一入手できる可能性としては、学校に在籍していながら起業して代表取締役などの要職に就いている場合でしょう。

それでもアメックスがどう判断するか分かりませんが、あまり期待できないかもしれません。

クレジットカードは他にも審査難易度の低いところが幾つもあるので、別のランクを狙うなどした方が良いでしょう。

学生におすすめのアメリカン・エキスプレスカードの種類

アメックスのゴールドカードやプラチナカード、グリーンカードは、先ほど説明したとおり、学生不可や20歳以上に限るといった条件があり、ほかのクレジットカードと比較すると年会費も高めに設定されていたりと学生が持つカードとして想定されていません。

ただ、それでも諦められない人に朗報です。

ブランド力の高いアメックスを学生が所持したい場合には、アメリカン・エキスプレスが他社と提携して発行しているクレジットカードがおすすめです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンとの提携により実現したセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードならば、学生でも申し込みをすることができます。

ただし申し込みの条件としては18歳以上であることや、高校生ではないことなどが挙げられているため注意が必要です。

アメックスの口コミ

アメックスのカードを持つのは大人としてのステータスというイメージがありました。
大学生の自分でも作れるか知りたくて、大学院生の先輩に聞いてみたところ、実際にアメリカン・エキスプレスカードを持っているというので驚きました。
その先輩は大学院生でありながら就職が決まっているので審査を通ったようだと教えてくれたので、自分も大学生ながら就職が決まっていて春から働くことになっているので申し込みをしました。
無事に審査に通り、それからはアメックスのメンバーとなり、少し優越感を持てるようになりました。
アメリカン・エキスプレスカードは日本ではアメックスと略されるようになり、やはり年収がいい方が持っているイメージがあります。
私も、新入社員時代のころこのカードをさっと出す先輩を見て、あこがれていましたので、即時申し込みました。
審査で通る年収が結構安くてもよいことが特徴ですので、新入社員の年収でもギリギリ通ります。
使っている感想としては、就職で出張が多い職業につきましたので、空港ラウンジが無料で使えることが何よりも便利な部分です。
クレジットカードを作る際、ステータスの高さで人気のアメリカン・エキスプレスを選択しようと考えました。
富裕層向けというイメージがあったので、大学生や大学院生は作れないのではないかと感じましたが、アメックスが使用できる学生向けカードを見つけたことで、スムーズに申込みができました。
海外のレストランやホテルで様々な優待が受けられるため、頻繁に海外旅行へ出掛ける自分にとっては大変魅力的で、使い勝手の良いカードだと感じました。
アメリカン・エキスプレスは、やはりステータスがあるなと感じることがあります。
親父のアメックスのカードを持っていただけで、アメックスを持っているとなると一目置かれたりするのでそのへんが少し嬉しかったりします。
今の時代はあまりカードにステータスといったものを求めるようなものではないのかもしれませんが、いいカードを持っていると思われるのは気分が良いです。
また、海外旅行をした時などにもどこでも使える実用性の高さも気に入っています。


▲ページトップに戻る