底地売却を検討している方へ

当サイトは底地売却を検討している人、相続等でスピーディに処分したい人のために、賢い地主さんが活用しているオススメサイトを紹介します。

底地は、普通の不動産屋が扱うものではないので、専門性の不動産サイトに依頼する必要があります。

底地売却

10年以上昔は、底地の売買に関しては大手不動産会社の介入は皆無でした。

しかし、昨今では、多くの不動産会社が底地売買に力を入れています。

地主さんとのつながりは、ゆくゆく大きな不動産売買の仲介の可能性もあり、パイプの1つとして考えているからです。

大手不動産が底地の相談にのってくれるとなれば、底地売買も安心してお願いできますね。

底地売却・土地活用・相続問題解決リンク

スマイスター

スマイスター

土地活用の賃貸経営プランを複数の会社に一括資料請求することでかんたんに比較できます。
土地活用による相続対策や節税、賃貸経営をお考えの方はご利用ください。
>> http://www.sumaistar.com/ <<
スマイスター 土地活用

借地人に底地を売却するには

地主は土地を貸すことによって安定的に地代が入ってきますが、土地を売却する場合、その土地に住んでいる住人の権利の問題が発生するため、簡単に売れません。

少ないとはいえ、地代が入ってくる間はそれでいいかもしれませんが、相続税の支払い等で、土地を手放なさなくてはならない場合、売れないと困ります。

そこで、お互いトラブルにならないように、他者に底地を売るのではなく、借りている借地人に底地を売るという選択肢もあります。

借地人 底地売却

借地人に底地を売るプロセス

底地の売買は、基本的に専門の不動産会社が行いますが、
まず行うのは、借地人に底地の買取を打診します。

いくらまで払えるか聞いて、頭金と残りを分割払いで払っていく約束を取り付けることです。

それか他で借りてきてもらって、払ってもらうかです。

ここで売り急ぐと足元を見られるので、あわてず売れなくても地代が入ってくるのだからと、向こうが払うまで待つことです。

そして地代として十分稼いできたとして、売却で利益を出そうと考えずに、向こうが買えそうな金額を提示して、購入を即すのも大事です。

とはいえ、専門的なことや契約的なこともあるので専門家の腕にかかってくることは間違いありません。

底地の評価と売却

底地の評価底地とは本来宅地の所有権のある土地ではなく、その土地の所有権のことを指します。しかし最近の住宅業界では借地権付の土地の所有権のことを底地権、借地権付の土地のことを底地と呼ぶのが主流です。
日本国内の場合、借地権の存続期間が長くなることで価格が同一の土地にかかる借地権の価格より小さくなりやすいといわれています。

売買する際、まずは評価が出されるわけですが、この方法にも様々なものがあります。

路線価

中でも土地の価格を知る上で特に重要指標の一つとされるのが路線価というものです。

贈与税や相続税

国税局が毎年8月に発表するもので主に贈与税や相続税を算出するときに使われる指標です。

財産評価路線価図と借地権割合基準によるものともよばれています。
記号で記載された借地権割合というものが記載されており、この割合を使うことでと地上に建物が建っていてなおかつ、この借地権が設定されている場合、算定することが可能です。

路線価図と借地権割合は少し勉強すれば簡単に見方が分かるものです。

主に数字とアルファベットで表記され、1000円の単価で1平米あたりの路線価を表記してあります。

無論底地だけでは、土地を所有しているとはされずに、借地権と合わせて完全な所有になります。

借地権と底地をたしたものが所有権です。これは路線価図からわかる借地権割合を使うことで底地の額がわかります。

実税価格は相続税額より低くなってしまうことには要注意です。

上記の基準によって算出されるものは主に相続税や贈与税を計算する場合であり、実際のマーケットではやや異なります。

底地の業者と売却について

底地を業者と売買底地とは「そこち」と読み、借地権付の土地の所有権を指します。使用権のない土地の所有権です。

底地の売買が検討される場合、通常借地権者と所有権者間が最初に候補としてあがるでしょう。

借地権者から見た場合、現在借りている土地を自分のものにしたいというニーズは決して小さくありません。

所有権を手にすれば、地代や更新料といったコストがかからなくなりますし、処分も一存でできるようになります。純粋に今自分が使っているものを所有したいという所有欲もあるでしょう。

マンション 売る
マンション売るならどこ?@マンションを売る時に注意すること
マンション売るならどこがいい?

しかし、相手が世の中で一人しかいない為、交渉が難航する可能性は十分あります。一方で、かなりの場合ニーズは間違いなくあるといって良いので、契約が成立すれば価格は高めになります。

では、不動産業者と売買する場合はどうでしょう。制約の付いた土地は流通しにくい為、価格はかなり安めになる可能性が高いですが、買い取ってもらうこと自体は難しくはないでしょう(もちろん物件にもよりますが)。従って、底地を不動産業者への売却する場合、価格については期待しすぎないことが必要です。

底地

売却不動産査定土地売却中古マンション売る

底地の売買の種類

土地の価値は、更地の状態を100%とすると、借地人がいると、その価値は底地と借地権にわかれた状態になります。

借地人がいることで、所有者といえども自由に利用したり処分することができないので、借地権の価値は思った以上に高くなります。

底地 売買種類

 具体的には、国税庁が路線価とともに、地域ごとの借地権割合を公表していますが、借地権50%というと、所有者の底地権と借地人の借地権の価値は50%ずつです。

 そこで、土地を完全な姿にするためには、底地または借地権の売買によって、片方がもう片方を買い取る方法があります。しかし、そのためには売買の資金が必要なので、借地権の買戻しを等価交換方式で行う場合もあります。

 土地全体を二つに分けて、AとBにします。Aの上の借地権と、Bの底地を交換することで、それぞれがAの完全な所有者とBの完全な所有者になります。

 お互いが交換した権利の価値が同じであれば、等価交換方式で、税金の心配もありません。

底地の売却と買い替え

土地の上に借地権がある場合、土地本体の所有権のことを底地といいます。

 借地人には借地借家法で権利が保護されており、借地人がいると自由に利用したり処分する権利が制限されるため、土地本来の価値はないとみなします。

借地権割合

 国税庁では、土地の所在地ごとに借地権割合を公表しており、借地権割合が50%なら、土地の価値の半分は借地権、底地は残りの50%と計算します。

底地 買い替え

 そのため、借地権がある土地本体または、借地権単体では市場で売買することは困難で、価額も多くは望めません。

 仮に、借地権者が所有者から所有権を買い取ったら土地は本来の姿になります。

そのうえで、居住用財産の買い替えをする場合には、所有期間の要件があるので注意が必要です。

 買い替えの特例には所有期間10年という用件あります。借地権部分は以前から持っていますが、底地部分は買い取ってからの期間で計算するため、特例の対象にならない場合があります。

 全体で一つの譲渡ではなく、前から持っている借地権と、買い取ったばかりの底地、別々に計算するので注意が必要です。

底地売却と境界を確定(測量)する必要性

近隣とのトラブルを好む人は少ないのが一般的な立場であると理解しております。そのように考えると、お隣さんとのトラブルは絶対に避けたいと願う事でしょう。

けれど現実的には、お隣の樹木の枝が伸び、我が家の敷地に及んでいるとか、境界の目印が動いたとか、動かないとか、お隣との間にはこのような生活上の様々なトラブルが潜んでいるのです。

底地 境界

そのような背景にあって、ここでは境界の目印について触れたいと考えます。

その出発点は、底地の売買の際に遡りますので、底地購入の際、配慮すべき事項として測量の重要性について考えます。

測量とは、土地の面積を確定する事を目的として行われますが、面積を確定するためには、隣地との境を確定する作業が不可欠です。

実は、境の確定作業は意外と厄介なのです。

そこで、厄介な確定作業に買主が立ち会うことは「控えて頂きたい」との立場です。

なぜなら、境を知らない人が立ち会う意味が無い事も理由ですが、厄介な事は第三者である専門家に任せ、土地の境に目印となるコンクリート杭が、動かないように固定された事を確認した後に、土地を買い取ることで後日のトラブルは回避できるのです。

人気の不動産記事
外壁塗装・ベランダ・バルコニーのリフォームをお考えの方におすすめ

外壁塗装を行う前のバイオ洗浄の必要性

外壁塗装の塗装前には外壁に蓄積している汚れを落とす必要がありますが、落とす必要がある汚れの中にはコケや藻なども含まれています。

外壁塗装を行う前にホコリなどの汚れを落とす際には水圧を使うことが有効ですが、外壁についてしまっている汚れなどの中でもコケや藻などは一度こびりついてしまうと水圧を使ってもなかなか落としにくい場合があります。

そして、一見表面についているコケや藻などを落とせたとしてもまだ外壁に根が残ってしまっている場合がありますし、根が外壁の内部にまで残ってしまっているとまたコケや藻などが発生しやすくなってしまう可能性もあります。

そのため、外壁塗装の塗装前に有効なのがバイオ洗浄です。バイオ洗浄とは特殊な薬剤を使った洗浄方法です。

塗装前にバイオ洗浄を行うことによってコケや藻などを根こそぎ落とすことができますし、外壁塗装を行う前に根を残さないようにすることでコケや藻などを発生しにくくすることもできます。
外壁塗装@外壁塗装費用・見積もりで失敗しない方法
家のリフォーム、外壁塗装の一括見積で安く・早く・安心できる業者を探したいですね。

マンションを売るのを家族間で行った場合に注意するべき意味

全国のみんなは、さまざまな暮らしをしています。

賃貸アパートに暮らし、日々の人生を楽しん出るお客も多くいます。新社会人になり、最大手で働きながら四六時中、一所懸命勤めるお客も多くいます。

カレッジ進学で、住みなれた建物を離れ、ひとり暮しをしているお客も多くいます。

高齢の父兄の、気配りや介護の苦しみを見ながら日々の人生を話すお客も少なくありません。源家族で、共稼ぎをしながら可愛らしいわが輩を、ちゃんと育ててるお客も多くいます。中には、高齢の父兄が住ん出るマイホームを、わが輩に売ることもあります

家族日にちなので、甚だ安く譲っていただける。このような時にも、不動産店先へ赴き、転売のことなどのレヴューを受けます。不動産会社では、専門の使用人のお客が親切に丁寧に観点できるので、かなり安心です。マンションの譲渡の方策などを、敢然と訊くことが大事です。
マンションを家族の間で、売るときのことや注意すべきことなどを訊くことが大事です。
マンションを売る

相続した大地を売却したときの維持価額

土地や家など、不動産を売却したら来季3月額15日までにサラリー税の確申と納税をする必要があります。申し入れした機能は、住所地の市区町村にも送られて、6月に住人税の課税が決定します。

相続 土地 売却 ところで、不動産の販売の税金は分裂課税の手渡しサラリーといいますが、手渡し価格から堅持価格と手渡し代金を引いて財貨を計算します。そのとき、引き継ぎや添加によって取得した土地の堅持価格は、元の飼主が取得した価格を引き継ぐので注意が必要です。
 引き継ぎ税や添加税は儲け課税といって、その時の土地の価格に対して課税されています。
 一方、手渡しサラリーについては、売った総計と買った総計の値鞘、サラリーに対する課税なので、2つは異例という生き方が前提にあります。

 都合をあげながら説明すると、1000万円で買った土地、もらったときは3000万円したから税金をその総計で税金を納めて、売った時折2000万円だったと行なう。とっくに3000万円に対する税金を納めておる気がしますが、手渡しサラリーの堅持費は当初の1000万円になります。
 一方、反対のケースもあり得ます。1000万円で買った土地、もらった時折300万円のうま味しかなくて、損金総計税金を割り出しました。後、回復して900万円で売れたら、300万円からは上昇していますが、当初の1000万円より下がっているので手渡しサラリーは赤字になります。

 先ず税金の構図がいる気がしますが、儲け課税とサラリー課税の違いがあるので注意しましょう。
土地を売る

土地を売るときに必要な宅建店先の手間賃について

不動産トレードにおける仲裁手間賃は不動産組織を通じて不動産を売買したことや貸し借りした際に不動産組織に出費お金のことです。因みに飛躍報酬として払うお金であり、失敗したところ払わなくとも問題ありません。
土は消費陥るものではなく、その取扱いは資本の転居と考えられ、土の取扱いに消費租税がかけられることはありません。これを非課税トレードといいます。ただし土だけを売るときは非課税であってもアパートは劣化することもありえる結果消費アイテムと考えられ課税の標的となります。但しこれは不動産組織や課税ショップを経由したところのみで、売主が個人であれば課税標的とならず、非課税トレードになります。
2004カテゴリーに総額展示やり方という常識が義務づけられ、消費租税を含む対価を掲載しなければならなくなったものの、2013カテゴリーにはショップの値札展示等の困難や手数を考慮し、場合によっては税込み価格を展示しなくとも良いという消費租税転嫁作戦特段処置法が施行されました。
ただしこれは不動産の場合、消費租税や場所消費租税が課せられる場合はそれを含めて展示なければならないことになっている。消費租税転嫁作戦特段処置法先も改定されておらず、消費租税を含んだ総額を登記するように指導されている。
詰まり不動産の屋敷価格には元々消費租税が含まれています。ここで課税対象のアパートの価格と非課税の土の価格が含まれていることと仲裁手間賃を含めた価格は消費租税を含まないに関してには注意しなければなりません。アパートの租税除外価格を算出して経費を出さなければなりません。

底地売却|相続対策で底地売却を検討している方へ